アロマ・終活・暮らしの知識。豊かで穏やか、健やかな日々を目指して。

くらしサロン 彩-いろどり-

医療事務の現場から 法律や諸手続きに関すること 終活に関すること

認知症サポーターステップアップ講座を受講しました

投稿日:2017-10-20 更新日:

認知症サポーターステップアップ講座って何?

この度、10/13・20と二週にわたって
さいたま市の「認知症サポーターステップアップ講座」を受講し、
修了証書とおれんじパートナー証をいただきました。

認知症サポーターステップアップ講座とは、
オレンジリングがもらえる
「認知症サポーター養成講座」の、
フォローアップ研修にあたるものです。

認知症サポーターの成り立ちについての記事

各自治体によって、フォローアップに関する研修は
形や名称に若干の違いがありますが、

”地方自治体等が認知症サポーター養成講座を修了した者を把握するとともに、認知症サポーター養成講座を修了した者が復習も兼ねて学習する機会を設け、座学だけでなくサポーター同士の発表・討議も含めたより上級な講座など、地域や職域の実情に応じた取組を推進していく”

という、平成27年に
厚生労働省と関係11府省庁とが共同で策定した
「認知症施策推進総合戦略
~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~」
(新オレンジプラン)に基づくものです。

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(概要)・本文付き
(厚生労働省ホームページより)

さいたま市では、先述の通り
「認知症サポーターステップアップ講座」という名称で、
今回が第1回目の開催でした。

おれんじパートナーとは?

埼玉県で認知症サポーター養成講座を受講すると、
オレンジリングの他に、
「埼玉県 認知症サポーター証」
というカードがもらえます。
(写真上)

そして今回は、
さいたま市の認知症サポーターステップアップ講座の受講で
「おれんじパートナー証」
(認知症サポーターステップアップ講座修了証明証)
をもらいました。
(写真下)

この「おれんじパートナー」というのは
さいたま市独自の呼称だそうです。

さいたま市では、

認知症サポーター:
それぞれの地域で、認知症の人とその家族を見守り、支える応援者

おれんじパートナー:
認知症の人とその家族に寄り添い、ともに歩む伴走者

というように、定義しています。

なにを学べる?

認知症サポーターステップアップ講座では、

主として

* 認知症の理解を深める
* 認知症の発症リスクを減らす
* 認知症サポーターの活動事例

この3点について深く学びます。

まる半日×2回という日程、さらに
現役精神科医による
認知症に至る病理、といったような
なかなかに専門的な(ちょっと難しい・・・)
知識に関する講義も多く、
認知症サポーター養成講座と比較すると
若干集中力と体力を要する講座だという
印象を受けました。

その分、現場のリアルな声や
普段の生活ではあまり知ることのできない
実態などにも触れられており、
かなりためになる
充実した内容となっています。

人気があり注目度も高い講座!

今回さいたま市では、
記念すべき(!)第1回目の
認知症サポーターステップアップ講座でしたが、
応募多数で、なんと倍率2倍だったそうです。

ありがたいことに私は当選しましたが、
半分の方々が落選されてしまったということ…

つまり、
認知症サポーター養成講座を受講し
オレンジリングを持つ方の中に、

☆もっと認知症について詳しく学びたい!
☆より地域でボランティア等活動したい!

という方々が、相当数いることになります。

私は今回たまたま、
さいたま市のホームページを見ていた中で
この講座について知り応募しましたが、
こういった講座の開催を知らない方々も含めると
潜在的なニーズは
もっとあるのではないかと感じています。

さいたま市認知症サポーター・ステップアップ講座
(さいたま市ホームページより)

たくさんの仲間が集まれば、
もっといろいろなことができるかもしれない!

今後、この「ステップアップ講座」が
各地で頻回に開催され、
認知症についてより学びたいと考える方々への
機会になっていくことを期待します。

学びたい人が大勢いるのであれば、
まさに絶好の、普及と認知度アップの
チャンスだと思うのです。

そして、認知症をより深く学んだ仲間同士で
一層地域の活動の輪を広げていけたらと
受講した者として、考えております。


-医療事務の現場から, 法律や諸手続きに関すること, 終活に関すること

Copyright© くらしサロン 彩-いろどり- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.