アロマ・終活・暮らしの知識。豊かで穏やか、健やかな日々を目指して。

くらしサロン 彩-いろどり-

終活に関すること

「永代供養」と一口に言っても

投稿日:

「今あるお墓をおしまいにして、永代供養にしたい。」
「自分には子供がいないから、死後は永代供養にしてもらいたい。」

先祖代々の墓を次の世代に継がせるのが難しいなどの理由から、
永代供養を希望する方も多くなってきています。

ひとくちに「永代供養」といっても、そのケースは様々です。

例えば・・・
今すでに先祖代々の墓地があり、そのお墓を永代供養にしたい。
という場合ひとつにしても、

・何年間の永代供養なのか。
・その契約期間終了後の行先はどこか。
(合祀墓なのか、納骨堂なのか、自然に還るのかなど)
・その管理にかかる費用はいつまででいくらなのか、
(年間での管理料なのか、永代供養料という名目なのか、閉眼供養の有無は?)
といったように、様々なケースが考えられます。

また、永代供養とは言っても
もう供養をする必要がなくなる、あるいは
供養をしてあげることができなくなってしまうわけではありません。

お墓には単に遺骨を埋葬する場所、というだけにとどまらない
残された人が個人を想い手を合わせることのできる
大切なシンボルとしての役目も併せ持っています。

供養する側の人にとって
お墓を継ぐことが負担となることの心配ももちろんですが、
お墓がなくなってしまうことへの不安や
供養をせずに悔いが残る・・・といったような
遺された側の方が後悔の念を抱くようなことがないような方向で
調整していくことが大切です。


-終活に関すること

Copyright© くらしサロン 彩-いろどり- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.